風俗嬢の融資って厳しいって本当なの?

風俗嬢の融資って厳しいって本当なの?

「風俗嬢は、カードローンの審査が厳しくなる・・・」といわれることがありますが、必ずしも不利な扱いを受けるものではありません。

 

風俗嬢だから借りられない、ということはなく、

 

 申込条件を満たしていない場合

 

に審査に落ちてしまうことがある、というものです。

 

逆に、風俗嬢であることを活かして、有利な契約をしている方もいますので、風俗嬢がキャッシング審査を受けるにあたってのポイントについてまとめたいと思います。

 

 

■銀行カードローンに申し込む場合

 

銀行カードローンは"審査が厳しい"と思われがちですが、収入証明なしで申込める点に魅力があります。

 

バンクイックや新生銀行レイクなら「100万円までは収入証明不要」なので、面倒な書類の準備も必要ありません。

 

とくに新生銀行レイクは、2つの無利息サービスが用意されていますので、お得にお金を借りることができる点に人気があります。

 

 

■消費者金融に申し込む場合

 

消費者金融に風俗嬢が申し込む場合は、

 

 収入の証明ができるか?

 

がポイントになります。

 

50万円を超える融資を受けるときに、源泉徴収票や給与明細書などが必要になりますので、事前に用意しておかないといけないからです。

 

逆に50万円以下の少ない融資を希望するなら、「運転免許証」があれば、すぐにでも申し込めます。

 

プロミスのように「すぐに審査が終わる」サービスに申し込めば、当日中に融資が受けられます。

 

 

■風俗嬢であることが有利にはたらくことも!

 

風俗嬢は、他の職業よりも「年収が高い!」という特徴があります。

 

消費者金融のように「年収の3分の1まで」という制限がある場合でも、たくさんの融資が受けられます。

 

少し贅沢なバッグや化粧品、あるいは自動車の購入のときでも、問題なく融資が受けられると思います。

 

毎月の返済をしっかりこなしておけば、家族にもバレずに借りれますので、プライバシー上の問題もクリアできるはずです。

 

風俗嬢の強みを生かした戦略で、カード発行にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。