風俗嬢で債務整理後ですが借入どこかできますか?

風俗嬢で債務整理後ですが借入どこかできますか?

債務整理後の風俗嬢の場合、「自分は、もうローンを組めなくなるかも・・・」と感じるかもしれません。

 

債務整理は、ローンの返済が困難となったときの救済制度のことで、借金の減額や免責を受けるものです。

 

この手続きを利用すると、一定期間は借入れが難しくなるといわれていますので、キャッシングの申込みにあたって注意が必要です。

 

ここでは、債務整理後の風俗嬢が借り入れする場合の注意点についてご紹介します。

 

 

■風俗嬢であることは不利ではない!

 

まず、プロミスやレイクの「申込条件」を確認して分かるように、

 

 風俗嬢であることは問題にはならない

 

といえます。

 

プロミスやモビットのような消費者金融は、お勤めしていることが利用するための条件になりますが、ちゃんとお仕事をしていますので、この点についても問題なくクリアできます。

 

銀行カードローンでも消費者金融でも、風俗嬢なら問題なく申し込めるので、安心してサービスを選ぶようにしましょう。

 

 

■債務整理からの期間が重要!

 

債務整理をしたことがあるなら、それをしたのが「いつか?」が重要になります。

 

信用情報機関という「過去の経歴」が登録される機関があり、5年間は債務整理をしたことが記録に残されるからです。

 

たとえば、自己破産をしたことがあるなら、裁判所から「免責許可」の決定を受けてから5年たっていれば、記録はきれいになくなっています。

 

通常は、弁護士や司法書士が介入して、すぐに登録されますので、裁判期間が長いほど早く消えていると考えられます。

 

 

■債務整理をした業者以外への申込みが基本!

 

しかし、債務整理をしたことは、「お金を貸した業者」なら社内記録に残っていてもおかしくはありません。

 

自分が債務整理をしたローン会社とは異なる業者を選び、申込むのが基本です。

 

また、債務整理から短い期間しかたっていない場合でも、「申し込みできない」というものではありません。

 

利用限度額が少なくなってしまうかもしれませんが、申込んでみないと結果が分からないのが本当のところです。