風俗でも借りれるキャッシング

水商売でもお金を借りる方法

「自分は水商売だからお金が借りられない」と考える人もいますが、カードローン審査では、水商売であるかどうかが問題となることは少ないです。

 

むしろ、働いた収入の申告をしているかどうかが問題で、それによって申込み先が異なってきます。

 

まず、毎年の確定申告をきちんとしている方は、消費者金融でも銀行ローンでも申し込めます。

 

消費者金融には、年収の3分の1までという「総量規制」がありますが、収入の多い水商売の方なら高額融資も見込めるのではないでしょうか。

 

もし、自分の年収の3分の1を超えるお金が必要なら、消費者金融ではなく、銀行カードローンからサービスを選ぶようにしましょう。

 

次に、所得の申告をしていない水商売の方は、高額融資を受けるときに問題が生じます。

 

50万円以下の融資なら問題ありませんが、収入証明書類が必要になる場合がありますので、注意するようにしてください。

 

基本的には、50万円超のお金を消費者金融から借りるとき、100万円を超えるお金を銀行から借りるときに、源泉徴収票などの収入証明書が必要になります。

 

「収入証明書」なしで申し込めることを優先し、その中から審査スピードが早いカードローンを選ぶようにしてください。